院長ごあいさつ

初めまして。ホームページをご覧頂き、ありがとうございます。

私は広島にて高校まで生まれ育ちました。その後岡山にて大学時代を過ごし、卒業後はまた広島に帰ってきました。

研修終了後、大学院にて専攻を決めることとなりました。元々祖父、父、兄が医師、叔父が口腔外科医として働いており、医療の世界が身近であったため、口と全身が管理できるようになりたいと考え、口腔外科を選択しました。

大学院卒業後、ご縁があり広島大学病院や広島市民病院、川崎医科大学附属病院にて、歯科口腔外科医として医療に携わさせて頂きました。

総合病院は本当に困っている、様々な環境の患者さんがいらっしゃいます。顔が腫れた方、口腔がんの方、顎の骨が折れて噛めなくなった方、集中治療室で治療する必要がある方、全身麻酔での術後の方、人工呼吸器で管理されている方、障害をお持ちの方、抗がん剤、放射線治療などの治療の副作用で苦しんでいる方、脳梗塞、心筋梗塞など、薬の影響で血が止まらなかった方、糖尿病、リウマチなど病気で苦しんでいる方などを診察し、本当に貴重な経験をさせていただきました。

患者さんと一緒に悩み、考え、治療し、たくさんのことを学びました。

人はどんなにつらい状況であったとしても、ご飯を食べないと生きていけません。治療をしたことで、ご飯を食べられるようになり、回復し、笑顔で“ありがとう”と言われることが一番の生きがいでした。その一方、お口は生きていく上で重要であることをまざまざと見せつけられました。

お口というところは、話す、笑う、食べる、見た目と日常生活と大きく関わっています。そのお口を大切に考えてくださる方々に少しでも役に立ちたいと思い、当院を開院させて頂くことになりました。

悩みを相談しやすく、少しでも“来てよかった、相談してよかった!ありがとう。”というお言葉を頂ける歯科医院を目指しますので、宜しくお願い致します。

院長紹介

院長岡崎 文彦Okazai Fumihiko

学歴

  • 平成11年3月
    私立 修道高等学校 卒業
  • 平成18年3月
    岡山大学 歯学部 歯学科 卒業
  • 平成23年3月
    広島大学 医歯薬学総合研究科 修了 (歯学博士 第 5546 号)

職歴

  • 平成18年4月
    広島大学病院 歯科医師臨床研修
  • 平成18年10月
    マツダ病院 歯科口腔外科 歯科医師臨床研修
  • 平成19年3月
    広島大学病院 歯科医師臨床研修 修了
  • 平成23年4月
    広島大学病院 顎・口腔外科 クリニカルスタッフ
  • 平成24年3月
    広島市立広島市民病院 歯科口腔外科 医員
  • 平成26年4月
    地方独立行政法人広島市立病院機構広島市立広島市民病院 歯科医師
  • 平成28年4月
    地方独立行政法人広島市立病院機構広島市立広島市民病院 副部長
  • 平成31年3月
    川崎医科大学 歯科総合口腔医療学 講師
    川崎医科大学付属病院 歯科口腔外科 医長
  • 令和2年4月
    岡崎歯科口腔外科 院長

資格

  • 日本口腔外科学会 認定医 第1217号
  • 日本外傷歯学会 認定医・評議員 第411号
  • 日本口腔科学会 認定医 第3-16426号
  • 歯科医師臨床研修指導医 第18010号
  • 日本口腔ケア学会 認定医(3級) 第2193A000241号
院長 岡崎 文彦院長 岡崎 文彦

当院についてはこちら